トイレの水漏れはなぜ起こる?劣化という恐怖

トイレの水漏れが起きる原因のほとんどが、劣化によるものです。中には衝撃などが原因である場合もありますが、水を使う場所であることや、何回も便座に座ることなどによって、ダメージが蓄積されていきます。
ダメージが限界を超えたとき、破損して水漏れの原因になります。劣化を起こす理由はいろいろとありますが、その多くは経年劣化によるものです。
特に水を流す、水を貯める場所はどうしても水自体からの影響を受けてしまうので、使っているうちに少しずつ傷んでいきます。

■毎日使う場所だからこそトイレの負担は意外と大きい

住宅にはあらゆる方向から負荷がかかっています。トイレも例外ではなく、日々の使用で負荷がかかっていますが、その負荷は意外と大きいものです。
特に水から受ける負荷は大きく、水を流す、貯めるということは、その設備にとって大きな負担になります。トイレはそれに耐えうる強度を持つように作られているとは言え、何年も使い続ければダメージを受け続け、最後にはどこかが壊れて水漏れの原因となります。
注意深い観察や音で壊れかけているかどうかを判断することもできますが、ある意味リラックス出来る場所でもあるので、観察や音での判断をするのはなかなか難しいものです。
消耗品でもあるため壊れる事は避けられないことなので、壊れたときにどうするかを決めておくことが、トイレを水漏れから守る一番の方法です。

■トイレの水漏れで被害を受けないためにはどうするか

トイレを水漏れから守るには、なにかおかしいと感じたらすぐに専門の業者を呼ぶことです。水が漏れてからでは遅いので、その前に修理をすることが、水漏れによる被害を出さない唯一の方法ですが、実際はなかなか難しいものです。
ほとんどの場合、トイレに問題が起きたときには水が漏れてから気づくことになります。そのため、水が漏れたときにどうするかを準備しておく事が、被害を抑える唯一の方法です。
水用のパテがあれば応急処置ができる場合もありますが、水漏れを起こしているということは限界が近い証拠なので、そのままだとさらなる被害の原因になります。できる限り早く専門業者に連絡して修理をしてもらったほうが安全です。

■まとめ
トイレは毎日使ううちに、少しづつダメージを受けていきます。古くなればその分だけダメージによる劣化が進んでいき、いつかは壊れてしまいます。
トイレが水漏れを起こす事は、避けることができません。いつかは必ず起こるものなので、水が漏れたとき対応を依頼する業者を決めておくと、すぐに対処ができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ